日本の大切なものがたくさん詰まったこの本を、ぜひご覧下さい。


原賀隆一さんプロフィール

和の学校では日本の文化を子ども達に伝えることも活動のひとつとしていますが、子ども達を和室にいきなり正座をさせても、かえって逆効果なのでは・・・? という思いが常にありました。

いかにして子ども達に日本の文化の素晴らしさを伝えることが出来るのか・・・。

そんな思いの中で、原賀さんの本に出会いました。


竹とんぼ、笹舟、木の上の基地、れんげの首飾り・・・土筆(つくし)を摘んだり、カエルやザリガニを捕まえたり、野の花や鳥の名前を覚えたり・・・そんなものが温かいイラストとわかりやすく楽しい文章で描かれています。

熊本で生まれ育った原賀さんご自身が、子どもの時に遊んだ内容が、ぎっしりと詰まった本!

そう。私たちも幼い頃、こんな風に遊んでいました。

だからこそ、大人になった今、床の間の花や軸を見て季節を感じたり、料理の旬のものを見て、作ってくれた人に感謝できるのだと思うのです。

原賀さんご夫妻は、デザインと印刷のお仕事をされるかたわら、自費出版したこの本が話題になり、あちらこちらで子ども達に遊びを伝える活動もされています。

今のままではいけない、この状況を何とかしなければならない・・・そんな思いと同時に、楽しみながら様々なことに取り組まれている原賀さんご夫妻の姿勢に多くのことを学ばせていただきました。

このたび原賀さんのご好意で、和の学校でもこの本を販売できることになりました。

「この遊び、やった、やった!」と思い出すことがいっぱいです。

この本があることで家族の会話も弾むことと思います。ぜひご覧になってください。

教育関係者の方々もぜひご一読されることをお薦めいたします。

 

「遊びたい者、この指たーかれ」という著者の声が聞こえてきそうな絵本。
エッセイストで「和の学校」遊び塾塾長の 熊谷栄三郎氏の一文より

 人間にとって一番面白いこと、そして大切なことは、たぶん「工夫」することだ。
「文化」 だって、より良い生活を送るための工夫を積み重ねたものといえるだろう。

とはいえ、工夫することは簡単ではない。まず手掛かりになるようないくつもの知識が要る、そのどれとどれを組み合せるかについては知恵も要る、たどりついたアイデアを実行するには力や勇気も必要だ。

それらを総動員して、事をなしとげる。それが工夫するということだ。

 さて、この絵本には、かつて子供達が自然の中で楽しんできたさまざまな工夫、つまり遊びの文化が活写されている。

遊びこそは人が成長するための工夫のかたまりだ。
寝食を忘れるほどに面白く、大人になったとき、自分や社会の役にも立つ営みである。

 描かれた遊びは筆者の原賀さんが実際経験したものばかりという。

 一読して気がつくことがある。
今と違って、子供達が危険なことや汚れることを楽しんでいるという点だ。
子供たちが何から何まで、ほとんど大人の手を借りずにやっていたということだ。

 ともあれ、チャンバラごっこやケンケン遊び、カンけり、スズメとり等々。
そして農業の手伝いさえ遊びの範疇に入っていたことなどを懐かしまない読者はいないだろう。

 が、じつは本書の真骨頂はそんな懐古趣味とは無縁だ。

読み進むにつれ、よしこれらの遊びを子供たちに伝えようという気力が湧いてくるところこそ、
真骨頂なのである。

なぜ、そんな気になるのだろう。著者が子供たちに遊びを残したいと切望しているからに違いない。
また、描くことを遊ぶとして楽しんでいる姿勢が読者に伝染するせいもあろう。



子どもたちが「子どもである特権」を
最大限に発揮していた頃の生活!

昭和30年、40年代(1960年代)頃まで、日本列島のほとんどの子どもたちが、地域によって多少の内容は違っていても「あーやったやった!」という、まさに当時まで、遊びは子どもの特権だったのです。そして、それらの遊びの中から「無限」に近い「知恵」「工夫」「創造力」「想像力」「社会性」「倫理観(ルール・正義…)」「収穫の喜び」から、物理・自然科学・生物・農業などにいたるまで身体で体験できたのです。

当時のだれもが、みんな同じような経験をした中の、ひとりの普通の子どもだった著者が、あまりにも楽しかった実体験を、忘れることができず、記憶で描いたものです。だから、現在でも実践しようとすれば、全て「できる」ことです。

(この本を紹介するチラシから引用)


元旦・凧あげ・もぐら打ち・どんどや・野焼き・野いちごとり・草遊び・食べられる植物・薬草・竹の子掘り・牛の草切り・牛の世話・巡回映画・鯉のぼり・温石取り・温石絵画・ひとぎ・川魚釣り・サボテン栽培・田植え・ツバメ・大水・ホタル・七夕・夏休み・クワガタ獲り・川遊び・イカダ遊び・潜り(鉾つき)・河原キャンプ・ウナギとり・稲刈り・脱穀・お宮祭り・雑貨店・つるし柿・栗拾い・椎茸・アケビ・メジロ・炭焼き・ツララ・スズメ・テレビ・納豆つくり・餅つき・大晦日・こままわし・ビー玉・金釘打ち・針金遊び・チャンバラ・8の字合戦・ケンパタ棒倒し・メンコ・ヨーヨー・だるまさんが転んだ・カンケリ・小刀・竹工作・竹笛・竹馬・とんとん相撲木の上のすみか・ブーンブーン・水鉄砲・水車・まわり灯篭・模型飛行機・竹とんぼ糸巻き戦車・木の実あそび・ゴム銃・ソリ遊び・・・その他

にあげ・せんたく・アイロンかけ・寝敷き・靴洗い・傘・忍者ごっこ・西部劇ごっこ・なわとび・綱遊び・汽車ごっこ・自転車あそび・パンク修理・ゴム遊び・ゴム飛び・輪ゴム遊び・まりつき・野遊び・まゆとり(養蚕)・あやとり・お裁縫・指人形・お手玉・タオルバナナ・タオルのおなら・おやつ・里芋・ジャガイモ・こんにゃく・やまいも・野山のおやつ草あそび・梅・桃・お茶・麦・アブラナ・豆腐・とうきび・夏野菜・秋野菜・にわとり・竹食器・せんべい焼き・ぽん菓子・みかん・冬おやつ・餅・箸の使い方・健康食・配置薬・自然薬・障子張り・ふすま張り・影絵遊び・幻灯器・和紙・紙遊び・箱庭作り・状差し・畳干し・蚊帳・雨戸・こたつ・台所・薪割り・五右衛門風呂・火の用心・防空壕・糸電話・のろし・花火・鉛筆キャップロケット・・・その他 地層・石集め・化石標本作り・火打石・火起こし・レンズ火起こし・マッチ・粘土遊び・土器作り・スズムシ・バッタ・カマキリ・アリ地獄・土グモ・目のゴミとり・オケラ・尺とり虫・身体ものさし・みの虫・溝遊び・水槽・金魚すくい・カエル・蒲(がま)の穂・藻(も)・苔(こけ)・川のお風呂・水の屈折・落とし穴・耳の水防止・甲羅(こうら)干し・砂いれずみ・砂絵・宝探しごっこ・立ち泳ぎ・川野球・高飛び込み・水中さかだち・水中ボクシング・水中空手・潜水艦ごっこ・板しずめ・牛乳ビンのフタ返し・水玉虫メガネ・毛細管現状・こっくりさん・お化け屋敷・肝だめし・野辺送り・ハンダ付け・流木ひろい・年輪・伐採・トロッコ・ハンモック・葉の版画・草の実・木の実・接ぎ木・挿し木・水のリサイクル・水源探し・・・その他
 
定価 3,000円(税込)
サイズ/B5判・本文160ページ・カラー ・糸かがり上製本ハードカバー
 

平成3年に発刊以来、
多くの反響をいただいた「ふるさと子供グラフティ」も
第6刷が完売したのをきっかけに、
加筆しページを増やし、新装丁しました。

豊かな自然に囲まれた中で育った私の子供の頃の遊びをイラストや
当時の体験談などを交えて紹介した本。

「遊び」と言っても純然たるゲームから、
器具または道具を工作して遊ぶのも、
農作業の手伝いや、地域風習、習慣にともなうもの、
川魚捕りや木の実取りなど実益をかなた遊びなど様々。
大人の方には懐かしく、子供達には目新しく映ることでしょう。


●歳時記(季節)・農業
元旦・初詣登山・二日・七草粥・もぐら打ち・どんどや・節分・野焼き・ひなまつり・卒業式・タケノコ掘り・道草食い・野苺・薬草・サボテン,盆栽ごっご・牛の世話・子供の日・祝儀(結婚式)・田植え・七夕・夏休み・川原キャンプ・稲刈り・脱穀・籾摺り(もみすり)・お宮参り・子供相撲・栗拾い・炭焼き・防寒対策・納豆作り・正月栗箸(くりばし)作り・門松作り・クリスマス・餅つき・注連縄(しめなわ)つくり・大晦日(おおみそか)・若水(わかみず)汲み
・・・その他

●伝統遊び・風俗・漁・猟
凧揚げ・独楽(こま)回し・ラムネん玉(ビー玉)・金釘打ち・水切り〔いしなげ〕・草.葉遊び・竹馬・巡回映画・チャンバラごっこ・ひとぎ〔棟上げ〕・温石・みちつくり・井川さん・どろ器・川魚釣り・ハエ釣り・フナ釣り・川魚料理・パチ〔めんこ〕・リム回し・だるまさんがころんだ・シマ取り・棒倒し・8の字合戦・三角野球・相撲・五並べ・将棋・山くずし・缶けり・雑貨店・けん玉,ヨーヨー・ターザンごっこ・ゴム銃・馬乗り・テレビ・マンガの本
・・・その他

 

●工作(伝承)遊び
ひなまつり・ごろごろ・拡大器・糸ノコギリ・小刀・鉈(ナタ)・鋸(ノコ)・竹工作・根ぶち・竹笛・突き鉄砲・木の上のすみか・針金ピストル・針金渡し・松ヤニ舟・まわり灯籠・水鉄砲・水車ごっこ・ホコ作り・鉄砲ホコ・夏休みの工作・地下の隠れ家・トントン相撲・糸まき戦車・空き缶ポックリ・ギンナンの吸い付き・ドングリコマ・栃の実笛・やじろうべえ・模型飛行機・竹とんぼ・羽根だけ飛ぶ竹とんぼ・パラシュートごっこ・ブーンブーン・ブーメラン・炭焼きごっこ・ソリ遊び・パラパラまんが・2コマ動画
・・・その他


 定価 2,100円(税込)
サイズ/B5判・本文184ページ・カラー
 
著者の原賀隆一さんが和の学校の活動に共感してくださり、
この本を販売することをご許可くださいました。



〜 ご注文方法 〜
購入ご希望の方は、以下の内容を郵便局の振込用紙にご記入いただきご入金ください。

※ ご入金確認後に、ご希望の書籍をお送りいたします 。

振込先

郵便振替口座 00960-4-277318 特定非営利活動法人和の学校




「通信欄」にお書きいただく内容

ふるさと子供グラフィティ
×
3000円
ふるさと子供ウィズダム
×
3000円
ふるさと子供遊びの学校
×
3000円
ふるさと子供グラフィティ
       【新装版】
×
2100円
送料(一律)      
500円
合計

ご依頼人以外にお届けの場合は、送り先 のご住所・お名前・お電話番号



「ご依頼人」欄にお書きいただく内容

ご住所
お名前
お電話番
メールアドレス



お問い合わせは以下にお願いいたします。

E-mail:info@wanogakkou.com

TEL:075-202-2001 または 075-415-0284  FAX:075-431-7570
原賀さんご夫妻との出会い(2004年5月17日をご覧下さい)
和の学校トップページへ