◆販売物一覧
ふるさと子供シリーズ
和の学校がNPO法人として活動を始めたころからあそび塾の構想がありました。しかし、どのようなプログラムや活動を行っていくべきなのか、手探りの状態の中でこの本に出会い、この本がまさに教科書のように思え、著者のもとへ押しかけました。著者である原賀さんとお話する中で「思い」の部分でかなりの共通点を感じ、その後、あそび塾活動の講師を含めさまざまにお力添えいただいています。
この書籍は自費出版のため書店では購入できませんが、原賀さんの了承を得て和の学校でも販売させていただいているものです。
あそびキットシリーズ

手作りの昔あそびは、手指の感覚や器用さを育んだり、創造力や論理的理解力、先生や仲間とのコミュニケーション力、協調性、社交性など様々な育みをもたらします。また、自分で作ってみないとお店で売っている完成品のありがたさも大切さも理解できないものです。そんな育みの場を暮らしの身近な大人と子供の間に育もうというのがこの取り組みの原点です。「お父さんがあそびの先生に」が目標です。しかし、日々忙しくしているお父さんには道具や材料の調達が時間的な壁で阻まれやすく、それらを克服するために和の学校が製造販売を決意しました。

チラシ(pdf)   会員価格販売について(pdf)

肥後の守ナイフ
昔のこどもたちの中で大ブームとなった幻の名刀?名ナイフ?。とにかく、ほとんどの子供がこのナイフを持っていたようです。鉛筆削りや竹とんぼづくり、色々なものづくりなどにこのナイフを愛用していました。このナイフの最大のポイントは刀のように両刃であること。そして折りたたみ式でさやの中に刃をしまえるので、携帯しやすいのです。世界中の中で逸品と称されているようです。
しかし日本では、「刃物はあぶない」ということで急速に衰退し、今では1件だけがその製造を続けています。和の学校ではあそび塾の参加者で希望があれば安価で販売をいたします。