和の学校 NEWSBOX 2017.7 このページを印刷


和の学校こころ塾のお知らせ


【茶美会とは】
「茶美会(さびえ)」は、茶の湯がもつその生活文化の広がりを、
現代生活の中で蘇らせるべく行なっている活動の中から生まれてきた理念です。
それは単に「茶道」の現代化ではなく、継承すべき伝統的な美意識や価値を、
現代生活の中に現存させようとする試みです。
日本文化の中に連綿と受け継がれてきた「知恵」や 「感性」、そして
今ニッポンが忘れている様々な事象を思い出し、掘り出し、再生しながら、
これからの文化と産業の新たな指針を形づくって行きたいと考えています。
                           (校長 故・伊住政和氏の言葉より)

難しいことをやさしく やさしいことを深く 深いことを楽しく 「日本文化」を学び体験

これまでのこころ塾
 
 

 

 
 
能楽名所を巡るシリーズ
「能『右近』『妻戸』『土蜘蛛』のゆかりの地を巡る」
【開催日時・会場・講師・内容】
 
平成29年10月9日(月・祝) 
15:00〜17:30


[講座紹介]

国内外を問わずに、
幅広く能楽の魅力を伝える活動をされ、
重要無形文化財保持者でいらっしゃる
種田道一氏を講師にお迎えするシリーズ第5回目。

能楽への親しみ方、鑑賞のしかたを、
初心者にもわかりやすくお話しいただきます。


《講師: 種田道一氏より》

北野天満宮を舞台にした能楽は
何曲か存在します。

それらの登場人物が見たであろう建物や風景を、
現代に生きる私達も、そのまま見て感じることが
できるということは、かけがえのないことです。

今回は、北野天満宮で、ゆかりのある
『右近』
『妻戸』『土蜘蛛』について
お話しいたしましょう。

いにしえの人々と同じ
北野天満宮
の風景や空気の中で、
皆さんもぜひ能楽の世界をともに
楽しんでいただければと思います。

会 場: 北野天満宮  京都市上京区馬喰町
     

定 員: 50名  (申込先着順・要予約) 

受講料: 一般3,000円  学生1,000円


(プログラム)

・北野天満宮本殿参拝
天神さまのおはなし 宮司 橘重十九 氏

 ・御土居の見学 宝物殿拝観

・能楽講座 種田道一 氏
能楽『右近』『妻戸』『土蜘蛛』について
能楽のいろは 謡に挑戦 など

 ・ほっこりたいむ
(梅香水で淹れたお茶・長五郎餅)

 

◆ 北野天満宮
について

北野天満宮の創建は、
平安時代中頃の天暦元年(947)に、
西ノ京に住んでいた多治比文子や
近江国(滋賀県)比良宮の神主神良種、
北野朝日寺の僧最珍らが当所に神殿を建て、
菅原道真公をおまつりしたのが始まりとされます。

その後、藤原氏により大規模な社殿の造営があり、
永延元年(987)に一條天皇の勅使が派遣され、
国家の平安が祈念されました。

この時から「北野天満天神」の神号が認められ、
寛弘元年(1004)の一條天皇の行幸をはじめ、
代々皇室のご崇敬をうけ、
国家国民を守護する霊験あらたかな
神として崇められてきました。

江戸時代には、各地に読み書き算盤を教える寺子屋が普及し、
その教室に天神さまがおまつりされたり、
道真公のお姿を描いた「御神影」が掲げられて、
学業成就や武芸上達が祈られてきました。

このことがのちに「学問の神さま」、
「芸能の神さま」として皆さまに広く知られるようになった所以です。

現在、全国各地には道真公をおまつりした神社が、
およそ1万2000社あるとも言われ、
その多くは当宮から御霊分けをした神社です。

 
《講師紹介》


種田 道一 氏(たねだ みちかず)

(公益社団法人能楽協会理事 金剛会副理事長
京都能楽会理事 裏千家茶道専門学校講師)

昭和29年2月1日 能楽シテ方金剛流職分家 
種田道雄の長男として生まれる(四代目)

2世金剛巌および父に師事

昭和34年(5歳) 仕舞「猩々」にて初舞台
昭和50年「石橋」
その後「乱」「望月」「道成寺」「卒都婆小町」等を開曲

カナダ、アメリカ、オーストラリア、フランス、イスラエル、ドイツ、スペイン、ポルトガル等海外公演多数

平成5年度京都市芸術新人賞受賞
平成10年日本能楽会入会
重要無形文化財(総合認定)保持者となる
平成29年度文化庁文化交流使

著書
・「能と茶の湯」(淡交社)


【申込方法】
お申し込みフォーム


■NPO法人和の学校
TEL: 075-202-2001   
FAX: 075-431-7570 
E-mail:  info@wanogakkou.com   担当: 吉田理恵子・井藤寿子
【主 催】
NPO法人和の学校
TEL: 075-202-2001   FAX: 075-431-7570
E-mail: info@wanogakkou.com
【後 援】
京都府 京都市 古典の日推進委員会

 

※諸事情により変更があることがございます。
  その際には、ご了承いただきますようお願い申し上げます。



応募用紙はこちらからダウンロードして下さい。

個人情報の取扱いについて